FC2ブログ

Welcome to my blog

たねMAkIひろば~雪国科学“やきいも事業部”からの便り~

安納芋のやきいも専門店、傍らで営む薪ストーブ屋の日々、薪ストーブのある暮らしや雪国の快適な暮らしのご提案など、ちょっと耳よりな情報をご提供しています。

 薪ストーブとお部屋にアクセント♪@ハースラグ。

ハースラグのご案内。

ウールや不燃化繊からできているハースラグは、薪ストーブまわりに彩りを加えつつ薪ストーブライフをより安全に過ごすためのオシャレかつとっても実用的なアイテムです。
ハースラグを敷くことで床面を熱から守り、薪をくべる際に熾火などが転げ落ちた時にはその不燃性から燃え広がらずに万が一の事態を防いでくれます。そして、薪ストーブまわりはもちろん、お部屋のアクセントにもなって一段と薪ストーブを引き立ててくれます♪

ちなみに...
変哲もないわが家の薪ストーブ(ダッチウエスト FA265)とその周辺。
fc2blog_201609200937087c2.jpg(赤いバケツはさておき)

ハースラグを敷くと...
薪ストーブがより映えて雰囲気もより暖かみを増したような気がしませんか?
fc2blog_2016102011124535c.jpg(赤いバケツはさておき)

こんな感じで薪ストーブの前にハースラグを敷くだけで薪ストーブとお部屋の印象もガラッと変わります。

そして一番大事な“万が一の備えのひつと”ということ。

これは忘れもしない今年の元旦の夜...。
外出から帰宅して焚き付けを終えた直後のまさかの、衝撃的な事件。

焚き付けをセットしている最中に炉の中の薪の燃えカスのような欠片がコロコロと床へ。“火は消えていたし”と油断し、焚き付けの準備を進め火をつけた後にようやく欠片を拾うと、時すでに遅し.....。床が真っ黒に焼け焦げていたんです(;_:)
fc2blog_20161020111215fc4.jpg
そのまま放っておいたら...もしかして築1年ちょっとという速さで夢のマイホームとさようなら...ってなことになりかねませんでした(^_^;)
“やっぱりハースラグを敷いておけば良かった”と痛感...。後悔から始まった一年でした。
薪ストーブオーナーのみなさん、燃え残りはあなどってはいけませんよ!
転げ落ちた火種はすぐに取る、またはあらかじめハースラグで養生をしておくことを強くおススメします!

薪ストーブはしっかりと手入れをし、正しく使えば火事や危険なことはありませんが、少しの油断がまさかの事態になりうることはもちろんあります。十分に注意して暖かく、楽しく、美味しい、快適な冬を安全に過ごしましょうね!

ハースラグ各種、雪国科学 薪ストーブショールームで販売しています。
どうぞ手に取って、広げて、ご自宅をイメージしながらじっくりとご検討ください。
在庫に限りはありますが、もちろん各種お取り寄せが可能です。

備えあれば憂いなし!デス!!

0 Comments

Add your comment